フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【D23EJ2015/その5】2日目/ホテルミラコスタ内のD23特別展示(マーベル&トイストーリー) | トップページ | 【D23EJ2015/その7】2日目/東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム(スペシャルショー編) »

2015年11月24日 (火)

【D23EJ2015/その6】2日目/東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム(プレゼン編)

※D23EXPO JAPAN2015レポのもくじはこちら!

さて、いったん展示を切り上げて、アンフィシアターへ。
今回のEXPOで1・2を争うくらい楽しみにしていた、

【東京ディズニーリゾート スペシャルプログラム】

を鑑賞します!!!!!!

Dsc00463

アンフィからミラコへはD23ゲスト専用のシャトルバスを利用しました。
会期中何度か乗りましたが、乗車まで10分以上待たされたことは無かったと思います。

バスは通常はこの写真を撮った位置↑からの乗車でしたが、
雨天時は屋根がある場所で乗降させてくださり、親切だなと思いました。

Dsc00464

ちなみに、この日開催されたショー&プレゼンテーションは以下の3ステージ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

①1030~1130 東京ディズニーリゾート スペシャルプログラム1

②1300~1400 東京ディズニーリゾート スペシャルプログラム2

③1900~2030 ディズニーシアトリカルグループ
          “ブロードウェイ&その向こうへ”1

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

①と②は同じ内容のプログラムで、私たちは②の時間帯で当選しました。

このTDRのショーは、2013年開催時にも
ぜひとも見たかったプログラムのひとつだったので、
今回当選できて本当に嬉しかったです。

Dsc00465

ではでは、ショーのお話を。

このプログラムは大きく分けて2つのパートに分かれていました。
前半のプレゼンテーション・パートと、後半のスペシャルショー・パートです。

◎プレゼンテーション

まずスクリーンに映し出されたのは、時をさかのぼる時計
2015年から2014年、2013年、2012年と、パークの映像が映し出されます。

そして1988年で時計の針がストップすると、
東京ディズニーランド5周年の時の記者会見の様子が映し出されました。

ディズニーランドの日本誘致に大変なご尽力をされた、
当時の高橋政知社長東京第2パーク構想を発表。
そしてその横には、現会長の加賀美さん(お若い!)の姿も…!

ここまででもうわかる。

「ああ、これからの1時間は、ディズニーシーの15周年について語られるんだ」

と。

東京ディズニーランドの大成功を受けてスタートした、第2パーク構想

私は、TDSは世界で一番美しいディズニーパークであると思っていますが、
現在のような姿に行きつくまでの苦労は並大抵のものでは無かったようです。

そしてスクリーンにはディズニーシーの施工中の映像が。

まだ水で満たされていないハーバーやアクアスフィア。
足場が組まれたままのアトラクション。ヘルメットを被った作業員さん達。

そして空だったハーバーに勢いよく水が流し入れられると、
シーはグランドオープンの日を迎えます。

2001年9月4日。
世界でただひとつ、「海」をテーマとしたディズニーパークの誕生
です。

私はもうかなり早い時点からすでに涙腺が決壊し、
シー14年分の歩みを全て見終える頃には隣の連れも号泣していましたw

ステージが明るくなると、上西社長、提督ミッキー、ケープコッドミニーが!!!!!

そして上西社長のスピーチが始まりました。
覚えている限りで書きます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・東京ディズニーシーは世界でただ一つの「海」をテーマにした
ディズニーパークとして誕生し、今日を迎えた。

・ゲストのニーズはどんどん多様化している。その声に耳を傾け、
常にその要望を超えるようなものを提供していきたい。

テーマパークとは「形がなく、ストックがきかない」商品である。
感動の「瞬間」というのはずっと心に残るもの。
その瞬間こそが我々の最大の商品
である。
ディズニーシーは来年で15周年。この先50年・100年と存続させていくために、
ハード面、ソフト面共に強化していく。

・(2023年「ありたい姿」について)5000億円の投資を予定している。
設備面だけでなく、最前線に立ってもらっているキャストのホスピタリティも
強化していきたい。

・2016年にはスターツアーズのアップグレード、
2017年春にはファインディングニモの新アトラクションをオープン予定。
(新情報についての言及は無し)

・ランドではファンタジーランドを拡張、シーでは8つ目のテーマポートをオープン。
(新情報についての言及は無し)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最後に、

「TDRの夢はまだまだ続き、進化していきます。
ウォルトディズニーの言葉にある通り、
“ディズニーランドは永遠に完成しない

これからもゲストと共に夢を描いて参りたい」

とのこと。

そしてここで、東京ディズニーシーの14年の歴史を2分に(!)まとめた映像が流れた後、
ステージには上西社長と今枝アンバサダーが登場。
(この時のBGMは“”アクアスフィア・プラザ-デイ!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。)

ここからは、東京ディズニーシー15周年についての発表です。

2016年に開園15周年を迎える東京ディズニーシー。
4月15日からスタートする周年イベントのテーマは、

The Year Of Wish ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ

キャラクターやゲストそれぞれのWish(願い)が、
それぞれの形で輝けるように、というテーマ。
過去を振り返るのではなく、未来への期待感に着目したとのこと。

(テーマパーク事業における最大の商品は、期待感やワクワク感といった
「瞬間的な感動」である、とここでも繰り返してらっしゃいました。)

続けて「クリスタル」という概念についての説明が。

TDS15thではWishを視覚化したものとして、
「クリスタル」というアイテムが登場します。

それぞれのキャラクターが1つずつ色の違うクリスタルを持っているという設定で、

・ミニー…LOVE(赤いクリスタル)
・ドナルド…FRIENDS(青いクリスタル)
・グーフィー…ENERGY(緑のクリスタル)

(この他、口頭での発表はありませんでしたが、チップ&デールや
ディジーのクリスタルのイラストレーションも紹介されました。)

そして最後に、ミッキーが持つ透明なクリスタルについての説明が。

15周年では、赤や青、緑といったさまさまな色のクリスタルが登場しますが、
「全ての色を足すと白になる」という、光の3原色の法則から、
ミッキーの無色なクリスタルはつまり、
みんなのWishが重なったということを表しているそう。

このクリスタルが登場するのが、15周年限定のハーバーショー
クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー

ショー開発部のディレクターさんのインタビュー映像が流れました。
(ワンスアポンアタイムやハピネスイズヒアを担当された方だそう!)

まずショーのコンセプトアートが映し出されましたが、
ダンサーさんの衣装なんかがちょっと前のディズニーシーみたいだな、
という印象も受けました。

「旅立ちを盛大に祝福する」といった内容の、
15周年分の思いが詰まったショー
になるそうです。
(この「旅立ち」「祝福」というワードは、お話の中で何回か登場しました。
これもTDSのグランドオープンから5周年頃までのイメージが感じられる、
いい言葉ですよね…)

ショー終盤、みんなの願いが重なった瞬間にはサプライズな演出もあるそうです!

「クリスタル」はもちろんグッズとしても積極的に展開されるようで、
今回紹介があったのは、クリスタル・コンパスというスティックタイプの玩具。
(TDS10thの時のアレを思い出して下さい笑)

これは、パーク内に設置予定のインタラクティブなフォトロケや、
15th期間中はファンタズミック!とも連動するそうです。
ズミックとの連動は楽しみですね!

さてさて!続いては新・レギュラーショーについて!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

まずはもちろんあれです!

ビッグ・バンド・ビート!!!!!!

15周年イベントのスタートに合わせてリニューアルが発表されているBBB。
今回のEXPOでは、2枚の新たなコンセプトアートがひと足早く発表になりました。

1枚は、ラテン風の衣装に身を包んだデイジーと、
スーツ姿(コートだったかも…?)のグーフィーが描かれたアート

背景には、現状と同じようにバンドさんの姿が見られます。
ダンサーさんの衣装も1940年代頃のイメージかな?
バーとか社交場的なイメージのシーンになるようです。
(現在のチャタヌーガ、またはイン・ザ・ムードに代わるシーンなのかな…?
という感じもしましたが、もしかしたらミニデジマリのシーンの代わりかな…?)

そしてもう1枚は、ミッキー・ミニー・デイジーが描かれたアート
こちらはおそらくカーテンコールの様子を描いたものかなと思いました。
ミッキーは現在と同じような黒いスーツ、ミニーは40年代風のピンクのミニドレス。
デイジーもピンクのドレスでしたが、こちらは現在、
LITTLE JAZZ BARDで着用しているものと似ていた感じがしました。
女性シンガーさんの衣装が、現在とは大きく変わっていたのも気になった!
やっぱりインザムードは変更になるのかも?

この2枚のイラストを見た限り、私たちのビッグバンドビートは
そんなに大きく別物になるわけではない
、という気はしました…。

もちろん雰囲気がガラっと変わるシーンはあるのでしょうが、
きっと今までのファンにも受け入れられるものになる…(と切に願う)。
来年の4月15日がドキドキです…。

次は、ハンガーステージの新ショー、

アウト・オブ・ザ・シャドウランド

の紹介!

こちらも新しいコンセプトアート(確か)が披露されましたが、
舞台装置も、衣裳も、とても幻想的な雰囲気でした。
今までまったく見たことないショーになるとのことで、めちゃくちゃ楽しみです!
こちらは、2016年7月9日スタート

ディズニーキャラクターが一切登場しないステージショーはランドでは難しいと思うので、
ミスティックリズムに続き、とてもシーらしいショーになるのでは、と期待しています。

そういえば、BBBについては“Reimagined”
アウトオブシャドウランドについては“Premiring”という言葉が添えられていました。

Re-Imagined…って、とてもディズニーらしい言葉だね!

15周年期間はアクアスフィア前にも大きなガリオン船の
モニュメントが登場するとのこと。

10周年のソーサラーハットは確かに可愛かったけど、
正直「冒険とイマジネーションの海」のイメージとは合わなかった。
15周年の発表を聞いていて、「冒険」という部分を強く意識しているのかなと
思えたのは嬉しかったです。そう、シーは第2のランドではないんだもの!

その他、ホテルミラコスタでは15周年限定のアメニティが登場し、
レストランもパークイベントと連動したテーマになるそうです。
リゾートラインも15周年デザインになるとか。

来年春からの1年間は、まさにお祭りですね!楽しみー!!!!!!

(長くなったのでスペシャルショー編は次回につづく!)

« 【D23EJ2015/その5】2日目/ホテルミラコスタ内のD23特別展示(マーベル&トイストーリー) | トップページ | 【D23EJ2015/その7】2日目/東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム(スペシャルショー編) »

02.TDR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【D23EJ2015/その5】2日目/ホテルミラコスタ内のD23特別展示(マーベル&トイストーリー) | トップページ | 【D23EJ2015/その7】2日目/東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム(スペシャルショー編) »