フォト
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【TDS2016Feb④】シャーウッドガーデンのフローズンファンタジーブッフェ!パンとデザート編 | トップページ | 【TDS2016Feb⑥】ケープコッド・クックオフでスウィートダッフィーのSPセット♪ »

2016年3月 7日 (月)

【TDS2016Feb⑤】バレンタイン・ナイト2016-コンサート・オブ・ラブ-

さてさて、ようやくやってまいりました!

Img_7447

ブロードウェイミュージックシアター!!!!!!

Img_7446_2

バレンタイン・ナイト2016 -コンサート・オブ・ラブ-

を鑑賞しまーす!

Img_7449

毎年楽しみにしているバレンタインナイト

9年目を数える今年は、内容の大幅リニューアルをするということが
一昨年の秋からアナウンスされていました。

去年は見納めのつもりで何回か見に来たんですが、
今年の年明けはアナハイムにも行ったし…と、この日1回限りの鑑賞です。

パンフレット等の引き換えも無いとのことだったので、
そのままシアターに入場します。
(お土産がないのは残念だけど、初年度はお金がかかるから仕方ないよね。)

ところで、今年のVNのチケットはパークチケットとは別売りでした。
(VNでこの措置は初めてですよね。
初年度からずっとパークチケットとセット販売だったのに。)

昨年までは1階席は全て同料金でしたが、今年は

・1階席前方…5500円
・1階席後方…4500円
・2階席…3500円

と、チケット料金が3段階に設定されました。
上記の価格にプラスされる、各プレイガイドの手数料が高いのは例年通り。

私は現在は年パスがあるのでラッキーですが、
ワンデーさん、特に1階席希望の方にとっては大幅な値上げになっちゃった。

今年も当日券はなく、事前購入者のみ対象のイベントです。

(※以下、ネタバレはもちろん、去年より良かった点・そうではなかった点など
好き勝手にあれこれ呟いております。OKな方のみ続きへどうぞ~。)

ではようやくショー本編の話。

例年通り撮影は不可(※今年はカーテンコール時も不可です。)なので、
思い違いや間違いなどもあるかもしれませんが、何卒ご了承ください~。

リニューアルした「バレンタイン・ナイト」は、
大きく3つのパートに分かれていました。

①オープニング(ディズニーメドレー)

このパートでは、

・ディズニーキャラクターの登場は無し。
・シンガーさんとダンサーさん(アンサンブル)がディズニーソングを披露。
・シンガーは前回と同様、男女二人ずつ。

曲目は(うろ覚えですが)こんな感じだったかと。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1.Love is Wonderful(新曲)
2.True Love's Kiss~That's how you know(魔法にかけられて)
3.Kiss the Girl(リトル・マーメイド)
4.Can you feel the love tonight(ライオン・キング)
5.Be our Guest(美女と野獣)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1.新曲
Magical Momentが名曲すぎたのでちょっと心配してましたが(何様)良かったです!
この曲もきっと何度も聞いて行くうちにどんどん好きになるタイプの曲!

2True Love's Kiss~That's how you know
個人的にも大好きな2曲!女性ダンサーさんがアンサンブルとして登場。
ここにきて「魔法にかけられて」の楽曲を持ってくるとは思っていなかったので
本当に驚いたし、嬉しかったです。
本当に名曲ぞろいの映画なのに、日本ではイマイチ映画がヒットしなかったから
パーク内ではあまり聞く機会がないんだよね…。
残念ながら今回のセットリストには含まれていなかったけど、
So Closeも大好きな曲で、いつかVNで採用してくれたら泣いてしまうかも…;;;;

そして3.Kiss the girlへの流れもすごくいい!
ここではアンサンブルとして男性ダンサーさんも登場。
曲調も大人っぽいアレンジで素敵でした。

そして最高だったのが出演者全員での

4.Can you feel the love tonight

誰もが聞いたことのあるライオン・キングからのナンバーですが、
普段はしっとりした雰囲気で歌われることが多いこの曲。
今回のVNではゴスペル調のアレンジで、本当に最高だった!
力強さと前向きなエネルギーをピシピシ感じました!
個人的に、今年のVNで一番目が潤んだのはこの曲だったと思います。

東京や香港、そしてフロリダと、いろんなところで聞いてきた曲だけど、
今回のVNでのアレンジが一番好きだったなぁ!
この1曲のためにまた5500円(S席)払ってもいいくらいです。

5.Be our Guest(美女と野獣)
ライオンキングでオープニングパートは〆!だと思ったのですが、
この後のコント(メッセージ紹介)への流れが悪いと思ったのか、最後にもう一曲。
直前のライオンキングのインパクトが強過ぎて正直あまりよく覚えていないのですが、
楽しい演出でした。

オープニングパートの最初か最後で少しだけミキミニも出た気がするんだけど、
最初だったかな?

そうそう、女性シンガーさんの衣装が新調されていました!
上品なダークブルーのワンショルダータイプのドレスで、
肌の色や、体系に関わらず誰にでも似合う形。
去年までの白ドレスは正直、最初に見た9年前の時点ですら

「10年古いな…」

と思っていたので、やっと2000年代風のドレスになって(?)良かったです~!
それに合わせてダンサーさんの衣装も濃紺のフレアードレスになっていましたが、
こちらもすごく素敵でした。
(ヘアスタイルも、去年までの縦ロールでは無かったです…笑)

男性シンガーさんはBBBで着用しているのと同じタイプの黒タキシードだったかな?

オープニングはキャラクターが一切登場しなかったので

「あれ?これなんかデジャブ感…」

と思ったら、あれでした。かつてBMTで毎年大みそかに上演されていた
「ビッグバンドビート カウントダウンスペシャル」
あの演出に似ているなーと思った。
(ディレクターさんが同じだから不思議なことではないのですが)

続いて第2パート。

②メッセージ紹介
恒例の、ゲストのメッセージをキャラクターのコント付きで紹介するコーナー。
個人的にはあっても無くてもいいパートなんですが、
やっぱりあったらあったで感動してしまいます笑←単純

例年は、ここで登場するキャラクターはミッキーとミニーのみでしたが、
今年は1メッセージごとに登場キャラクターが違っていました

最初のメッセージにはミキミニのみ、次のメッセージではミキミニ+チデ
という感じで、最終的にはグープルとかドナデジも登場。
コントは相変わらずコミカルで楽しく、場内も盛り上がっていました!
中にはドナちゃんがミッキーをお姫さま抱っこした場面も!笑

ミッキーミニーはもちろん、みんなちゃんと新しいお衣装を作ってもらっていました。
ミニーはオープニングとエンディングではロングドレスでしたが、
コントの時だけひざ丈のスカートを着ていました。動きやすいようにだね。

去年まではひとりだけ平服参加でかわいそうだったデイジー
(シーズンオブハート時代、ショー未出演のため衣装が無かった)も
今年はちゃんとかわいい新ドレスを着ていて私は嬉しかった笑

そしていよいよ最後のパート。

③ディズニーメドレー

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1.Supercalifragilisticexpialidocious (メリーポピンズ)
2.When will my life bigin(ラプンツェル)
3.I see the light(ラプンツェル)
4.A whole new world(アラジン)

5.プリンセスメドレー
・Beauty and the Beast(美女と野獣)
・Part of your World(リトル・マーメイド)
・Once upon a dream(眠れる森の美女)
・Someday my prince will come(白雪姫)
・One Song(白雪姫)
・This is love(シンデレラ)

6.フィナーレ(Season of heart)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1.Supercalifragilisticexpialidocious (メリーポピンズ)
去年までのUnder the Seaのような、会場全体で楽しむ演出でした。
ステージから客席へ出演者さん達が降りてきて、会場内を練り歩きます。
シーでスパカリ!っていうのも結構驚いた。

2.When will my life bigin(ラプンツェル)
3.I see the light(ラプンツェル)

ラプンツェルが登場するだろうというのは開催前からなんとなく
公式が匂わせていましたが笑、演出の力の入り具合に驚いた!

2.When will my life bigin?はあまりパーク内で使われていた覚えが無いですが
(海外では使われてるっけ?) これも名曲だよねぇ。

そして驚いたのが

3.I see the light

ランタンを持った女性ダンサーさん達が黒っぽい衣装を着用して登場。
ゆらゆら ゆらゆらとランタンが空に浮かぶ様子を表現します。
この時の振付が非常にモダンで、まるでコンテンポラリーダンスの舞台を見ているよう。
ここの演出は本当に良かったな~。

ステージにはドライアイスでスモークが焚かれ、
小船に乗ったラプンツェルとフリンが登場。
I see the lightをデュエットで披露します。

4.A whole new world(アラジン)
続いてもプリンスとプリンセスのデュエットでA Whole new world.
大きな布を雲に見立てる演出が、二人が大空の中を飛んでいる様子を連想させます。

5.プリンセスメドレー
最後は本当に「メドレー」。プリンセスが順番に一人ずつ、
計5人(+プリンス)登場しましたが、
ラプンツェルからアラジンまでのパートを見た後だと
どうしてもこのパートは「オマケ」な感じが否めなかったかな…。
(※超個人的な意見です。)

もう少し登場人数を減らしてもいいから、
プリンセス1人1人の生き方に焦点を当ててほしかったかも…と思いますが、
最後にやっぱりグワーっと姫達がいっぱい出てくるのは豪華だし、
盛り上がりどころではあるよな~というのもわかる…うーむ。

6.フィナーレ(Season of heart)
最後はおなじみのSeason of Heartです!
この曲のイントロが流れるとやっぱり安心する笑

例年のようにキャラクター総出演&客席にも降りてきて、
感動の大フィナーレでした。

あー楽しかった~!!!!!ヽ(´▽`)/

そんな今年のVNでしたが、一言でいうと

大人っぽくて良かった!

「パークのショーでこんな選曲&演出、しちゃうんだ!」

という驚きが随所に見られました。いい意味で。
やっぱりディレクターさんが外部の方だからなのかなぁ、
ここ数年のTDRのショーとは全然印象が違ったし、
昨年までのVNと比較しても「おおっ」と唸ったポイントは多かったです。

私は去年までのショーにもすごく愛着があるので
「去年と今年、どちらがいいか」と問われると回答に窮してしまうのですが、
これはただの個人的な思い出によるもの。
今年のショーを見て「去年よりダウングレードした」と思う人は
ほとんどいないんじゃないかなぁ。

ただ1つ残念だったのが、1回の公演の中で、
舞台装置の転換とシンガー・ダンサー衣装のチェンジがほとんど無かったこと。
去年までのショーは1曲ごとにダンサー・シンガーさんが着替えて出てきてたので
舞台上がすごく賑やかな印象を受けたんですよね。

ここはおそらく経費削減されちゃった、ってポイントなんだと思うんだけど、
それを「予算カット」と感じさせない演出はさすがだなと思いました。

もうひとつ「今年良かった点」を書くと、

ミッキー(グーフも)が英語で喋ったこと!

これには驚きました。
喋ってたのはミッキーとグーフィーだったかな?
喋ったと言ってもほんの一言二言ですけど、新たに録音したものだと思う。

以前のバレンタインナイトが「閑散期客寄せ」として
企画されたものだったのは明白で、オーケストラこそ呼んでいたものの、
出演者の衣装と楽曲はほぼ既存のパークショーの再利用。
(それがだめだと言っているわけではないです、私は大好きだった。)
当然、キャラクターにセリフなどあろうはずもありません。

新曲と新衣装を出してきたのはともかくとして、
まさか本国に依頼して新セリフを収録してくるとは…と本当に驚いた。
日本語のセリフならともかく、英語!!!!!
このイベントをこれからも続けていくという意思が感じられました。

そんなこともあって、今回のショーを見た一番の収穫は、

「ああ、BBBのリニューアルも
あまり心配しなくて大丈夫なのかもしれない…」

と思えたこと。

私、BBBのリニューアルで心配していたことがいくつかあって。
「セリフが全て日本語になったらどうしよう」
「曲目がディズニーソングなったらどうしよう」
「外国人出演者がいなくなったらどうしよう」
とか、その手のことなんですけど、
セリフや演出に関しては、

より万人にわかりやすく、受けのいい方向に

…となっていくのかなって。
それってちょっとさびしいけれど、お客さんを呼ぶためには
間違ったことでもないよなって。

そういう意味で、今回のVNは「ほっとした」という感じが強かった。
今年は選曲も演出も、子供よりむしろ大人をメインの客層として
想定
している感じを受けました。
以前のものより「子供っぽくなる」ことはあっても、
まさか「大人っぽくなる」とは思っていなかったから、
本当に嬉しかったです。

ただ単にVNとBBBはショーディレクターさんが同じ(だったはず)である
ということからの憶測ですが、Bのリニューアルでもちゃんと
「大人のシー」を残してくれるかもしれない。

多少の経費カットは避けられないかもしれないけれど、
演出や選曲についてはきっと

「私たちの好きなBBB」

をちゃんと継承してくれるかも。なんとなくそう思いました。

Img_7448

ロゴが変わらなかったのも嬉しかったな。来年も楽しみです。

(つづく!)

« 【TDS2016Feb④】シャーウッドガーデンのフローズンファンタジーブッフェ!パンとデザート編 | トップページ | 【TDS2016Feb⑥】ケープコッド・クックオフでスウィートダッフィーのSPセット♪ »

04.TDS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【TDS2016Feb④】シャーウッドガーデンのフローズンファンタジーブッフェ!パンとデザート編 | トップページ | 【TDS2016Feb⑥】ケープコッド・クックオフでスウィートダッフィーのSPセット♪ »